« »

煩悩 (80号)

カテゴリー:住職の一言    更新日:2017 年 4 月 1 日

煩悩が
  そのまま
    喜びの
  種となり

 貧(とん)瞋(しん)痴(ち)疑(ぎ)慢(まん)見(けん)、この六煩悩に日夜踊らされてきた私たち。 しかも中々素直に己を見つめ直すことの出来ない私たち、それがご縁に恵まれ、仏光に照らされて、どうしようもない私の姿に気付かせて頂けた時の、恥ずかしい私の姿。この様な者こそ、平等の救いを誓われた法蔵菩薩の弘誓を聞かせて頂いた時に、こんな私のために、有難さと、喜びで胸がいっぱいになるのです。
今やレジャー産業化している「占い」。 それは不安の解消というよりは煮詰まった日常をゲーム感覚で楽しむための手段に近いという分析もある。でも、世の中には、人生の転機とか、日常の心配事などを、占いではなく仏典や聖書、古典名著を読み、考え、念じることによって決めていきたいという人がいる。かけがえのない自分の人生を「占い」で人によって決めてもらうのでなく、自分で見直し、自信をもって生きていきたいものです。


住職の一言の一覧に戻る    トップページに戻る

源信寺について

五明山源信寺について

東京都足立区千住大川町40-6(地図

お問合せはこちらから

TEL : 03-3881-7506    FAX : 03-3881-7694

真宗大谷派 五明山 「源信寺」(北千住)
おろかなり おろかなり

源信寺に咲く花

IMG_0057

牡丹が咲きました
(2015 年 4 月 22 日)