« »

遇いがたくして(第53号)

カテゴリー:住職の一言    更新日:2010 年 7 月 1 日

遇いがたくして
 人と人とのであい。み教えとのであい。さまざまな事件とのであいを人は偶然という。しかし、遇とはあらゆる条件が、あみの目のようにかみあって成立するのである。
 その必然に目をひらくことが大事であるあみの目のような条件の一つ一つに目をひらき、正しく見きわめることが、そのであいの深さや厳しさを知ることとなる。
 親鸞聖人は、特にみ教えとのであいを「今遇うことをえたり」と請け止めている。しかも「遇いがたくして」と手を合わせている。


住職の一言の一覧に戻る    トップページに戻る

源信寺について

五明山源信寺について

東京都足立区千住大川町40-6(地図

お問合せはこちらから

TEL : 03-3881-7506    FAX : 03-3881-7694

真宗大谷派 五明山 「源信寺」(北千住)
おろかなり おろかなり

源信寺に咲く花

IMG_0057

牡丹が咲きました
(2015 年 4 月 22 日)