« »

一生過ぎやすし

カテゴリー:コラム    更新日:2016 年 1 月 1 日

医学の進歩により、日本人の平均寿命は、男女とも80歳を超えています。「人生五十年」と言われていた頃と、比較にならない長寿社会となりました。 それでも蓮如上人が「一生過ぎやすし」と仰っているように、10年20年30年長生きできたとしても、瞬く間に過ぎゆく人生に変わりはないようです。
私たちの一生を、列車に例えると、どうなるでしょう。
 過ぎゆく月日の感じ方は
   10代は各駅停車
   20代は準急
   30代は急行
   40代は特急
   50代は新幹線
   60代以降はブレーキの壊れた弾丸列車のようだ、
ともいわれます。
 みなさんは、どのように感じられるでしょうか。命の短さ、もろさを、身にしみて感じられるほど、人は、人間らしい生活を営むようになるといわれます。
 消えゆく命を思うほど、「今、本当になすべきことは何?」と、自問せずにおれなくなるのです。
 このことを昔から「無常を観ずるは、菩提心(ぼだいしん)の一(はじめ)なり」といわれるのです。


コラムの一覧に戻る    トップページに戻る

源信寺について

五明山源信寺について

東京都足立区千住大川町40-6(地図

お問合せはこちらから

TEL : 03-3881-7506    FAX : 03-3881-7694

真宗大谷派 五明山 「源信寺」(北千住)
おろかなり おろかなり

源信寺に咲く花

IMG_0057

牡丹が咲きました
(2015 年 4 月 22 日)